HOME > ニュース > 2015年

アプタマー創薬の世界的なリーディング・カンパニー リボミック

2015年

 11月25日 当社研究員が、12月1日~4日、神戸市で開催されるBMB2015(第38回日本分子生物学会、第88回日本生化学会合同大会)で、12月1日に「RNAアプタマーを用いたFc融合タンパク質の新しい精製法」と題し、当社が開発を行っております、IgGアプタマーに関する研究成果について発表いたします。なお、本発表内容については11月30日~12月2日、京都市で開催される日本核酸医薬学会第1回年会で、12月1日に発表いたします。
 11月25日 当社研究員が、11月30日~12月2日、京都市で開催される日本核酸医薬学会第1回年会で、12月1日に「RNAアプタマーを利用した新規核酸医薬品の開発」と題し発表いたします。
 9月2日 当社 代表取締役社長 中村義一が9月20日~22日、韓国 天安で開催される18th A-IMBN(Asia-Pacific International Molecular Biology Network )Annual Conferenceで、「Aptamer Therapeutics Targeting Pain and Fibrosis」と題し講演いたします。
 9月2日 当社 代表取締役社長 中村義一が9月13日~15日、石川県金沢市で開催される第53回日本生物物理学会年会で、「リボアート・システムを用いたアプタマー創薬(Therapeutics Aptamer Discovery by RiboART System)」と題し講演いたします。
 8月12日 9月16日~17日、日本薬学会 長井記念館ホールで開催される、創薬薬理フォーラム第23回シンポジウムで、9月17日に当社取締役探索研究部長の宮川伸が「RNAアプタマー医薬品の研究開発」と題し講演いたします。
 4月28日 5月13日~15日、東京ビックサイトで開催される、第14回国際バイオテクノロジー展-BIO tech2015-に出展し、5月14日に当社執行役員開発研究部長の藤原将寿が「疼痛と肺線維症に対するRNAアプタマー医薬」と題し、当社のアプタマー医薬の開発状況について講演いたします。
 1月28日 当社代表取締役社長の中村義一が、本年5月3日~6日、米国カルフォルニア州サンディエゴ市で開催される第17回TIDES国際会議で当社の肺線維症薬プロジェクトの開発状況および当社の創薬プラットフォーム技術である「RiboARTシステム」について講演いたします。
 1月26日 当社 代表取締役社長中村義一が、本年3月31日~4月1日、英国・オックスフォードで開催されるアプタマーに関する国際会議、「Aptamers 2015」で「Aptamer therapeutics targeting pain and lung fibrosis」(「疼痛および肺線維症を対象としたアプタマー治療」)と題して講演いたします。