HOME > ニュース > 2006年

アプタマー創薬の世界的なリーディング・カンパニー リボミック

2006年

12月20日 日経産業新聞(第9面 先端技術欄)「核酸医療はいま~最前線を探る」の特集で、アプタマーを使用して多発性硬化症を治療するという記事が掲載されました。
12月18日 日本経済新聞(第19面 科学欄)に、アプタマーを活用した多発性硬化症の新薬候補物質を開発したことが掲載されました。
12月5日 日経産業新聞(第18面 ベンチャー欄)に、パイプラインの一つである精製用分離剤開発と、その開発に必要なライセンスを米国・アルケミックス社より取得したことが掲載されました。
11月30日 米国・アルケミックス社とのライセンス契約締結完了につき、プレスリリースを行いました。
9月21日 9月21日付にて5億6,448万円の第三者割当増資を実施致しました。
今回の増資により、当社の資本金は4億6,061万5千円になりました。
7月1日 監査役が畑山佳之から田野好彦に交代致しました。
6月1日 AZX総合法律事務所(CEO 後藤勝也弁護士)と法律顧問契約を締結致しました。
4月10日の採用募集により、2名の研究員を新たに採用致しました。
1月6日 1月6日付にて役員に異動がありました。
高木正明と川村健一が新たに取締役に就任致しました。