HOME > アプタマー医薬 > アプタマー医薬の作用機序

アプタマー創薬の世界的なリーディング・カンパニー リボミック

アプタマー医薬の作用機序

アプタ―医薬の作用機序現在、研究開発中の核酸医薬には下記の表に示すものがあり、その中で主要な核酸医薬品の作用機序について右図に示しています。
しかし、細胞内に入らなければ効果を発揮しない他の核酸医薬とは異なり、アプタマーは細胞内に導入する必要がないので非常に効率的です。

分  類 基本構造 標  的 作用機序
アプタマー 一本鎖RNA/DNA タンパク質 タンパク質に結合して生理作用を阻害
アンチセンス 一本鎖DNA mRNA mRNAに結合して翻訳を阻害
デコイ核酸 二本鎖DNA 転写因子 転写因子をトラップして転写を阻害
リボザイム 一本鎖RNA mRNA 酵素として働きmRNAを切断し、発現制御
siRNA 二本鎖RNA mRNA mRNAを切断して発現制御
miRNA 一本鎖RNA mRNA mRNAに結合して翻訳を阻害
antimiRNA 一本鎖RNA/DNA miRNA miRNAに結合してその活性を阻害